カテゴリ:本( 2 )

動物Ⅰ

平成7年に発行された、動物図鑑を読んでいたら
フクロモモンガを見つけました!

◆◆◆

フクロモモンガ

学名:petaurus breviceps

petaurus :軽業師の飛び板 の意
breviceps:頭の短い の意

◆◆◆

軽業師の飛び板、、ってどういう意味だろう(汗)

検索したけど「軽業師の飛び板」という言葉はヒットしませんでした。

◎軽業師: 1 軽業を演じる芸人。2 不安定で危険の多い仕事をして世渡りをする人。

◎飛び板:水泳の飛び板飛び込みの踏み切りに使う弾力性のある板。スプリングボード。


昔の図鑑って、
文章がおもしろいものが多い気がします。

白黒のリアルなイラストとか
いかにも古い写真とか
ワクワクします。

古本屋やアマゾンで地味に集めている動物本、
順調に増え続けています。

c0218031_17582691.jpg


動物の本や写真やイラストを扱うようなお店ができたらよいなあ。
とぼんやり思います。

私は料理が苦手なので
カフェは無理だけど(汗)
ギャラリースペースとか。。
自営業、、を想像すると楽しいです。
[PR]
by x-ray25 | 2011-07-28 17:54 | | Comments(2)
本、といえば

子供用図鑑や写真集ばかりで
活字を長く読んでいられない、私ですが。

今日図書館で借りた本。

「コウチャンしあわせにね!―コウモリ飼育観察日記 付・家族の観察日記」

c0218031_20193273.jpg


内容
息子が小学生3年生の時に記録した145日に及ぶ「コウモリ飼育日記」に、両親の観察日記を併記。偶然拾ったコウモリを通してつながる家族の愛にあふれた一冊。
(「MARC」データベースより)


最初のほうで

「自分の気持ちを人間に分かってもらえそうもない動物のいじらしさ、そうした動物の思いの一班でもよい、分かってやろうとするやさしい人の心とコウモりの出会い。ここにはほのぼのとしたひとつの物語がある」

という一節に、うんうんうんうん と心を掴まれました。
夕方から読み始め気づけば7時半。
珍しく一気に読み終わることができました。


本の感想というよりも
私が思ったことメモ。

「家族の中で、コウチャンが一番よくなれているのはお母さんです。
いつも、えさをあたえているからです。」


「ぼくのコウチャンが、ぼくになれてくれないと、ちょっとさびしいなあ」

こうもりのこうちゃんをお世話しているのは
息子の宏隆くんですが
こうちゃんが一番なついているのは、お母さん。

私も子供のころから
実家を出るまでいろんな動物を飼っていましたが

動物が一番なついていたのは 
いつも
「飼うことをそれほど賛成していない母」
でした。

こうちゃんのお母さんも、はじめは
怖がっていました。

飼っている動物が
お母さんに一番なつくのは

「おいしいものを毎日くれる人」
「一緒にいる時間が一番長い人」

というのもあるのかもしれないけど
それだけじゃない気がします。

いつの間にか、
動物の母親にまでなっています。

でもって
それは自分の子どもに愛を注ぐとは、
またちがった愛情で

だけど
間違いなく「母親」
という、、

なんだか

とても不思議な力だな~と
読んでいてあらためて思い出したのでした。

私は結婚をしていますが、子供はいません。

現在
夫とジオとの3人暮らし、

私とジオの関係を考えると

なれるもんならフクモモになってジオの母になりたい!
と思う日々ですが

やはり、まだ「お母さん」とは違う気がします。

なんだろうな~
わかるような、だけど口ではうまく説明できないけど

・・・

ま。いいか。

とっても良い本でした。
[PR]
by x-ray25 | 2011-06-02 20:31 | | Comments(4)

大好きな動物の写真や日々のことを綴るブログです。


by x-ray25