カテゴリ:美術館( 4 )

ヤマネ学校

伊勢丹ヤマネ学校に参加しました。

まずは毛糸でヤマネをつくる授業。
c0218031_11162918.jpg


ゴ、、、ゴ◎タくん??(おにぎりが大好きなあの)

2時間目は自然写真家の西村豊さんのトークショー。

ヤマネとの面白いエピソードをたくさん聞きました。

ヤマネの写真を見るだけでも
すごく可愛くて
なんかとぼけてて、
とても不思議な動物ということがよくわかると思います♪

こないだの日本画動物園の時の話を思い出し、
日本の在来動物っておだやかな性質が多いのかな??

と、思ったり。

ちなみにヤマネは国指定の天然記念物で準絶滅危惧種です。
もし森や別荘先で見かけたら、
病気や赤ちゃんだけが取り残されていない限りは
見て見ぬふりをしましょう。

c0218031_11333977.jpg


ヤマネのベアブリックストラップ。
1個買うと、宮城県刈田郡七ヶ宿の森約50m2を1年間守ることができます!

c0218031_11341647.jpg


それから
写真集とヤマネ人形をゲット。
c0218031_1138118.jpg


あたまからしっぽにかけて
黒い筋が入っていて、フクモモにもみえる。。(気分の問題)

これはジオさんのお友達になってくれることでしょう。



おまけ

c0218031_11405436.jpg

「遠慮せず入んな!って」(無理やりま~や(やまね)を引っ張るジオ)
[PR]
by x-ray25 | 2011-08-25 11:47 | 美術館 | Comments(7)

日本画どうぶつえん

日本画どうぶつえん に行ってきました。

c0218031_0152378.jpg


私がなにより楽しみにしていたのは
この展示に関連して行われる上野動物園の園長、小宮先生の講演会でした♪

「動物の生態に詳しい専門家ならではの視点から、絵画に描かれた動物たちを読み解いていただきます。」(HPより)

「小宮輝之氏(上野動物園園長)

講師からひとこと
絵のモデルになった動物たちは身近な動物たちが多いようです。
ウサギの絵もありますが、果たして皆さんはウサギという動物のことを知っているでしょうか?
野生の種類と描かれた動物たちの姿、表情など比較しながら、動物の習性などのお話したいと
思います。」

c0218031_8105949.jpg

奥村土牛≪兎≫

c0218031_8112919.jpg

横山大観≪木兎≫


(個人的感想メモ)
日本画って涼しい~。

色味も質感も涼しい~。

日本の動物や植物の色は、
やはり 日本っぽいというか(あたりまえだけど)
そして絵具(岩絵の具?)の色も対象物とぴったりあった色味というか

美しい。

ホッキョクグマの絵があったのだけど
日本画だと
なんだかとっても不思議なかんじだったなあ。

(小宮園長先生の講義)
描かれた動物と
動物写真を比較したり、
動物の習性や、在来種のお話、、等
とってもおもしろくて
考えさせられる一時間半にでした。

あー学生に戻りたいな・・
[PR]
by x-ray25 | 2011-08-02 11:59 | 美術館 | Comments(4)
「花の画家 ルドゥーテ『美花選』展」
行ってきました!

c0218031_21273931.jpg

渋谷文化村ミュージアム。
7月3日まで開催しています。

c0218031_21275810.jpg


一枚描くのにどのくらいの時間がかかるんだろう~~~。





((ジオ(モモンガ)の目について))

視力がよいなあ、と感心しています。

蚊帳の中にいると
透けて向こう側の家具が見えます。

電気をけすと、蚊帳の中にいる人間の私には
(蚊帳というしきり)があまり見えないのに
ジオはちゃんと見えていて
キチンと飛行距離を測り、蚊帳へと飛び移っています。

それにケージの外に
見慣れないものがつるしていると
それをずっと気にしたりします。

洗ったばかりの絨毯のシミも
見慣れてないものには、気づいて、立ち止まったりします。

色彩は感じているのかなあ。

嗅覚がするどいから
それほど視力はよくないのかな。と勝手に思っておりました。

c0218031_2214496.jpg

ベランダで初めて育てた苺が順調に大きくなってる~~~!!

ジオさん。楽しみだね。
[PR]
by x-ray25 | 2011-06-03 21:50 | 美術館 | Comments(2)

香水瓶の世界

目黒にある庭園美術館へ行ってきました。

きらめく装い美~香水瓶の世界

c0218031_9533042.jpg



中は撮影禁止なので
チラシを切り抜いて作った自分メモをUPします。
c0218031_9531397.jpg


とっても素敵な展覧会だったので
興味があるかたはぜひ足を運んでみてください!


香水は神と人間、そして男女を結びつける役割をもっています。
香水じたいが芸術的な創造物であり、入れる器にも上質な美が求められたのです。
香水瓶もまた時代ごとのさまざまな装飾が施された芸術作品であるといえるでしょう。
(チラシより)


(おまけ)
庭園美術館びの隣にある「Cafe 茶洒(サーシャ)kanetanaka」で
ランチをいただきました。

c0218031_9534422.jpg


おススメです!!
[PR]
by x-ray25 | 2010-11-04 10:11 | 美術館 | Comments(0)

大好きな動物の写真や日々のことを綴るブログです。


by x-ray25