ポーチ事故

一生懸命、書いた日記が

先ほど一瞬にして消えてしまいましたww

同じことを書く元気がない・・涙



今朝のことです。



サンコーのリスハム用ポーチでよく眠っているのですが

朝、ケージを見ると



ジオがいない。



扉はしまっていたし

4時に見に行ったときは絶対にいたのに。



部屋の扉は閉まっていたので

名前を呼びながら探し続けました。



いない。

音もしない。



どこ???!!!!

どうしよう!!!!???



しばらくして



旦那が

「あ。」



「ポーチの内側にいる。。。」



中にいないはずのポーチがかすかに揺れてます。



手をつっこんでも

大きな穴がもなくてどうやってもぐりこんだのか



出すためには

ポーチを切らなくちゃいけない。



どこを切ったらいいんだ!?

もし中で糸が足に絡まってたらどうしよう。

窒息しそうだったらどうしよう。

はやく切らなきゃ



合皮とボアでできた分厚いポーチを切るには

布用の大きなはさみでしか切れません。



気は動転し

ハサミを落としたり

方向をなんども変えたり



布の上からジオを下に寄せて

思い切って、切りました。



切り口ものすごく近くからジオが出てきて

ぞっとしました。



もし、耳や尻尾を切っていたら。。

と思うと

ものすごくショックをうけてしまいました。



当の本人は



おはよ。。。



といたって普通。



すぐに服の中に入り

お菓子をもらって、いつものようにご機嫌。



私はなんだか一日中

落ち込んでしまいました。



暖房もつけ

ケージは26~27度あったのですが

最近、ポーチの中にいれてたフリースのはぎれを

とったせいか、

スカスカになり、それが嫌だったのかもしれません。。



ポーチを裏返して穴を確認すると

ほんっとにほんとに小さなほつれから、もぐりこんだようでした。



ポーチも割と新しいものでした。


なんにもなくてほんとに

よかったけど、



よかったけどー



ああ、私、ショックでいまだなんだか元気がでません。。



c0218031_18512179.jpg



切った場所からでてきたジオ↑
[PR]
by x-ray25 | 2010-11-12 18:50 | モモンガ ジオ | Comments(0)